教区報「はばたく」に掲載のコラム

トップページに戻る
最新メッセージ

2020年12月号

 近頃「人新世(ひとしんせい)」という言葉が話題になっています。
人新世はもともと地質学の用語ですが、この言葉は人類の活動が環境を大きく破壊してしまい、地層にまで影響を及ぼしていることを意味します。

 例えば、新型コロナウイルスのような未知の感染症への直面、極端な気候変動による重大災害の多発、資源の枯渇が影響した貧富の格差の拡大など、人類がもたらした危機が、人新世という言葉に象徴されています。

 ところで、祈祷書百十九頁には、産物と産業のための祈祷があります。
そこには、神さまは「人のために必要な産物を備えてくださいます」と書かれていますが、そこからは、神さまは不必要な産物は備えてくださらないことも伝わってきます。

 人新世の危機の拡大を防ぐためには、資源制約を踏まえ、不必要な産物を抑制し、すべての人に必要な産物が備わる社会の実現が必要です。
私たちも、こうした社会を、信仰生活を通じて求めていきましょう。

(パウロ 下村 仁士)


2020年11月号

 振り返ると、この欄に文章を掲載させていただく時期に十一月号が続くのは偶然の不思議。

というのも、毎年この時期には恒例の東北訪問の計画を立て、心はすでにかの地へ向かっている、という件をいつも書いているからだ。

 その訪問も、今年はコロナ禍で見送ることにした。
毎年訪ねる先には高齢者や基礎疾患のある方が多いからだ。

 感染防止対策として在宅勤務やWEB会議が取り入れられ、呑み会も画面越し。
目新しさもある一方、やっぱり何だか味気ない。
面と向き合い握手をし、時に抱き合い、涙を流す。
時には語気を荒げ、問答を交わす。
人と人との間に「熱」が起こる。
しかし、画面越しではその「熱」が今一つ伝わらない気がするのは、相手の顔を見てはいるものの、相手の目を見ていないからではなかろうか。

 障がいがある人や遠隔地に住む人の参画を容易にするアイテムとしてはもっと早くに利用すべきだったシステムだが、音声だけでなくやはり目を見、触れ、心と言葉を受け渡したい。

(ヴェロニカ 牛島 和美)

2020年10月号

 九月に台風が続けて来ました。
各地で被害に遭われた方のことをお祈りしています。

 台風が過ぎると、勤務先の園児たちが登園途中に拾った枝や葉、松ぼっくり等を嬉しそうに見せてくれます。
一緒に小さなコーナーを作り飾りました。
次に登園してきた子も持って来たものをそのコーナーに置いたり、他の子も「これ、ここがおもしろい」と手に取って観察したりしていました。
自分も見つけたい!と園庭で落ち葉を拾う子もいます。

 大人が生活の中で簡単に見過ごすものでも、子どもたちには不思議さと驚きが詰まった宝物です(特に神様の創られた自然物)。
まだ緑色の松ぼっくりは「ここ、べたべたする」との子どもの発見に、どこからべたべたが出てくるか私もじっくり観察したくなりました。
知った気になって感動しないでいる自分を省みる毎日です。

 天の国はこのような者たちのものであると言われたイエス様が「生活の中に一つひとつ感動 と喜びがあるよ。
それを味わって過ごすことを神様は喜ばれるよ。」と応援してくれているように感じます。

(ヒルダ 浜生 牧恵)

2020年9月号

 主イエス変容の日の特祷の中に、「揺れ動くこの世から救い」というフレーズがある。
現行の祈祷書は一九九〇年代初頭発行なので、ここ三十年ほど用いられているフレーズである。
それまで用いられてきた一九五九年版には、このフレーズはない。

文語体から口語体への改訂の際に「この世の心づかいを離れて」というものから変更されている。

 教会生活は、時代に合わせて変わっていくものである。

ひるがえって考えてみると、一九九〇年前後、世界情勢は大きく変化した。
そのような時期に、「揺れ動く~」というフレーズが用いられたのは偶然ではあるまい。

 しかし、今年ほど身に染みて「揺れ動くこの世」を実感した年もそうそうないだろう。
目に見えないものへの不安。
聖書を読んでも、それを払拭することはできない。
しかしわたしたちは、救いを求めることができる存在を知っている。

 最高の賜物を、
今こそ感じたい

(モーセ 酒井 健)

2020年8月号

 四月と五月、福岡聖パウロ教会では教役者と家族で主日礼拝を守ってきた。
礼拝に出席できない信徒へメッセージを伝えるため、主日ごとのメッセージを文書で郵送すると共に、インターネットを利用して動画でもメッセージを発信した。
すると、病気のため長い間、礼拝に出席出来ていなかった方から「ずっと礼拝に行けなかったので、久しぶりに先生の説教を聞けて嬉しい」との感想をいただいた。

インターネットを使った説教動画配信は新型コロナウイルス感染症への対応として行ったことだったが、実はずっと前からそれを必要としている人がいたということに気づかされた時だった。

 六月に入り、公開での礼拝が再開して以降も毎週土曜の夜に主日の福音書についてのメッセージを録画し、YouTube で公開している。
自分にとっての動画公開の一番の効用は、自分が話す姿を後から見返すようになったこと。
自分が話す姿を視聴し、自分と対話する時となっている。
思わぬ恵みが与えられている。

(司祭 バルナバ 牛島幹夫)

2020年7月号

 私が所属する福岡聖パウロ教会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、四・五月の礼拝を中止しました。
学生の頃、部活や受験を理由に教会に行かない時期はありましたが、行けないのは初めてのことでした。

私は理学療法士として働いており、この状況の中、以前勤めていた病院での出来事を思い出しました。
ある日患者さんの病室へ行くと「リハビリには行かんよ。」と一言。
その方は腰痛を理由にリハビリに行きたくないと言うことはあったのですが、その日の理由は「神父様が来るから。」でした。
その時刻まではまだ一時間ほどあったのですが、入院中という教会に行けない状況での神父様の訪問が待ち遠しく、リハビリどころではなかったようです。

 今回の礼拝中止期間中は、牛島司祭からのお手紙とフェイスブックでの礼拝やメッセージの配信がありました。
教会に行けなくても神様はそばにいてくださる。
分かってはいるのですが、手紙や配信によって、改めて教会や神様を近くに感じることができました。
(久保 希世子)

 

荒野の声(本年度)

2020年の荒野の声
2019年の荒野の声
2018年の荒野の声
2017年の荒野の声
2016年の荒野の声
2015年の荒野の声
2014年の荒野の声
2013年の荒野の声

2012年の荒野の声

2011年の荒野の声
2010年の荒野の声

2009年の荒野の声
2008年の荒野の声
2007年の荒野の声
2006年の荒野の声
2005年の荒野の声
2004年の荒野の声
2003年の荒野の声
2002年の荒野の声
2001年の荒野の声


Send mail to WebmasterE-mail: d-kyushu@ymt.bbiq.jp


日本聖公会九州教区